> > ローム、スマホに使える水素燃料電池を開発

ローム、スマホに使える水素燃料電池を開発

記事を保存
ローム、スマホに使える水素燃料電池を開発

半導体メーカーのローム、燃料電池の開発、販売を手がけるアクアフェアリー、京都大学は、スマートフォンなど向けの携帯用電源として使用できる小型、軽量、高出力の水素燃料電池を共同開発した。同電池は、乾電池やリチウムイオン電池、またメタノールを利用した燃料電池が持つ弱点を克服し、大幅な軽量化と高出力化、また安全性を同時に実現。AC電源が使えない場所での電源確保の利便性を大幅に向上させたのが特長。今後、信頼性評価やさらなる改良を進め、2013年の製品化を目指す。

燃料電池は、従来の蓄電池や充電池と比較して、高効率化や小型軽量化が可能なため、今後の普及と市場拡大が期待されている。すでにメタノールや水素を使った燃料電池の普及が始まっているが、メタノール燃料電池は高出力化が難しく、水素燃料電池については高出力化が可能なものの、ボンベを使用するために小型化や取扱いが難しいというデメリットがあり、普及の障害となっていた。

今回、ロームとアクアフェリーは、独自の技術により水素化カルシウムをシート状に固形化することに成功し、体積3ccに満たないシートと水から約4.5ℓ の水素を発生させ、5 Whrの電力を発生させた。同電池は、小型かつ常温動作が可能なことから、スマートフォンの充電はもちろん、タブレットやPCなどのバッテリーや、アウトドアや僻地での動力源、災害用バックアップ電源としても使用可能。電池容量5Whrのスマートフォンであれば、約2時間でフル充電できる。また、アルミラミネートで燃料の劣化を防ぐことで、エネルギーをロスすることなく、20年以上の長期保存が可能。

さらに、水とカルシウム系燃料という安全な物質を使用しているため二酸化炭素や有害ガスなどを一切排出せず、廃棄時も一般廃棄物として廃棄可能で、従来の各種電池と比較して環境に優しい燃料電池となっている。

同技術は、ロームが保有する電源回路技術やアプリケーション開発技術と、水素燃料電池の開発面で高い技術を組み合わせることにより実現したもので、2010年秋に京都大学で開催された産官学連携の為の「京都大学アドバンスドエレクトロニクスシンポジウム」をきっかけに両社で情報交換をスタート、今回の開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.