経産省、固定価格買取制度におけるモデル契約書を公表

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、再生可能エネルギーを利用した発電事業を行う事業者が、電気事業者と契約を締結する際に活用可能なモデル契約書を作成し公表した。

同制度では、再生可能エネルギー発電事業者は、電気事業者と契約を締結した上で、再生可能エネルギー由来の電気を買取期間にわたって買取価格で買い取ってもらうことができる。今回、同省では、その際の契約書について、両者間での円滑な契約締結に資することを目的に1つのモデルを示した。このモデル契約書は、再生可能エネルギー特措法やその関連法令の規定との整合性を取りつつ、金融機関からの資金調達に当たっての実務上の要請等も踏まえ作成している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報