> > デルタ電子、耐塩害仕様の多結晶太陽電池モジュールを発売

デルタ電子、耐塩害仕様の多結晶太陽電池モジュールを発売

 印刷 記事を保存

デルタ電子は、耐塩害性を高めた太陽電池モジュールの発売を10月10日より開始する。同時発売の耐塩害仕様のパワーコンディショナ(RPI402-1D)とあわせて、沿岸地域に計画されるメガソーラー(大規模太陽光発電所)等での受注を狙う。

今回発売する太陽電池モジュールは、メガソーラー発電所構築に最適な大出力タイプ2種、D6P245A3A(最大出力245W)とD6P250A3A(最大出力250W)。最大モジュール変換効率はそれぞれ15.0%、15.3%。外形寸法はともに1650×990×42mm。希望小売価格はオープン価格。

日本では、地理的状況からメガソーラーは沿岸地域に開発されることが多く、塩害への対策が課題となっている。本製品は、デルタグループ関連会社のデルソーラー社が開発・製造を行っている多結晶型太陽電池モジュールで、環境耐性の高いバックシートの採用、またアルミフレーム、端子ボックス、出力ケーブルに独自の保護強化処理を施すことにより、高い耐塩害性能を実現した。これにより設置可能な環境の選択肢を拡げた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.