> > JTB法人東京、EVのレンタル事業で観光を活性化 那須で実証実験を開始

JTB法人東京、EVのレンタル事業で観光を活性化 那須で実証実験を開始

記事を保存

JTBグループのJTB法人東京は、那須温泉旅館組合および三菱自動車工業の協力を得て、栃木県那須町において、宿泊施設を発着拠点とした有料のEV(電気自動車)レンタカーの事業化に向けた実証実験を開始した。実証実験後は、利用実績やレンタカー料金などの検証を行い、来春までに事業化を目指す。

本事業は、環境にやさしいクリーンな観光地を目指す「EVモビリティ観光活性化事業」の実証実験として開始したもの。同社では、那須で構築したビジネスモデルをもとに、全国の観光地に対し「EVモビリティ観光活性化事業」を推進し、2017年までの5年間で全国30の観光地で導入を図る計画だ。

今回の実証実験では、那須町の宿泊施設4カ所(松川屋那須高原ホテル、大丸温泉旅館、エピナール那須、サンバレー那須)に三菱自動車のEV「i-MiEV(アイミーブ)」を各2台ずつ配備し、国や県の補助を受けて充電器を整備した。宿泊客が午前または午後の3時間、EVを無料でレンタルできる「EV無料試乗体験3時間つき宿泊プラン」を11月末まで販売する(11月末までの宿泊分)。

那須エリアでは、周辺のレジャー施設などへの二次交通が課題となっており、宿泊施設からの移動手段として電気自動車(EV)レンタカーの需要が見込まれている。宿泊施設にEVを導入することで、宿泊者へのレンタカー事業とあわせて、閑散期などには業務用車両としても活用できるため、本実証実験を通して、EVを活用したビジネスモデルを確立する。

「EVモビリティ観光活性化事業」で宿泊施設やレジャー施設に提供するサービス内容は、

1. 観光宿泊・レジャー施設向けのEVリース導入とEVレンタカー事業化の支援
 2. 観光宿泊・レジャー施設向けのEV普通充電器の販売および設置
 3. EVドライブつきの旅行商品の企画および販売
 4. 安心してEV旅行が出来る課金充電認証カード「おでかけCard」の発行と運営
 5. 観光客および地域住民に対する普及啓発・プロモーションの支援

の5つ。

充電課金認証カード「おでかけCard」は、EVドライブ旅行の目的地である宿泊施設やレジャー施設に設置された普通充電器をネットワーク化し、課金充電できる仕組みで、NEXCO 中日本管内の急速充電サービスも利用することができる。本カードは日本ユニシスと共同開発した。日本ユニシスのEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラを利用するためのシステムサービス「smart oasis」にて充電サービスの利用者認証、課金・決済や充電スタンド情報の配信を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.