> > 自治体、屋根貸しソーラー事業続々発表、岐阜県、福岡県、神戸市も

自治体、屋根貸しソーラー事業続々発表、岐阜県、福岡県、神戸市も

記事を保存
自治体、屋根貸しソーラー事業続々発表、岐阜県、福岡県、神戸市も

自治体が資産の有効活用と太陽光発電の導入を目的に、相次いで、公有施設の屋根を太陽光発電事業者に貸し出す「屋根貸し事業」の実施を発表している。福岡県と岐阜県は公立の学校において、神戸市は六甲アイランド地区の航空貨物上屋において、屋根貸し事業者を募集。また、岐阜県と神戸市は、公有財産の土地を貸し出し、メガソーラー事業者を行うことも発表し、事業者を募集している。

福岡県は、高校や専門学校など県有施設4施設の屋根を使用して発電事業を行う事業者を募集している。4施設合計での利用可能面積は5,578m2。1m2当たり年額100円を最低使用料単価とし、使用許可面積を乗じた金額を年間の使用料とする。応募登録期間は10月22日まで。11月下旬までに審査結果を通知する予定。

岐阜県 屋根貸し対象施設一覧

岐阜県 屋根貸し対象施設一覧
(※クリックで拡大)

岐阜県では、県有財産を活用した屋根貸しによる発電事業者およびメガソーラー事業者の募集を行っている。屋根貸し事業の対象は、高校8施設・11棟。使用料については、単価100円/m2・年を下回らない提案を求めている。プロポーザル参加申し込み受付・企画提案書の受付期間は11月12日まで。11月下旬に、事業者候補の決定・協定を締結する予定。

メガソーラー事業については、牧野ふれあい広場(岐阜県美濃加茂市)において発電事業を行う事業者を募集。貸付可能面積は約5.3ha、発電規模は2MWを見込む。賃借料は、単価346円/m2・年を下回らない提案を求めている。公募期間は11月12日まで。11月下旬に事業候補者を選定し、平成25年7月頃完成、平成25年8月頃から発電を開始する予定。

牧野ふれあい広場 メガソーラー設置予定地(岐阜県美濃加茂市牧野)

神戸市では、六甲アイランド地区の航空貨物上屋の屋根を活用した太陽光発電事業者の募集要領を発表した。屋根面積は4棟合計で約2.4ha。発電規模は1MWを想定。発電開始は平成25年夏頃を想定している。屋根は有償で貸し出し、最低使用料は1m2当たり年額112円。応募書類の受付期間は11月2日から11月8日まで。事業者プレゼンテーションを経て、11月中旬から下旬に、選定結果を通知する。また、同市では、森林植物公園北側の市有地を貸し出して、1MW以上のメガソーラー事業を行う事業者を募集している。

神戸市 六甲アイランド 屋根貸し太陽光発電システム設置予定箇所

神戸市 六甲アイランド 屋根貸し太陽光発電システム設置予定箇所

【参考】
福岡県 - 県有施設の「屋根貸し」による太陽光発電事業者の募集について
岐阜県 - 太陽光発電事業参画事業者(屋根貸し)プロポーザル
岐阜県 - 県有財産の貸付け等による太陽光発電事業者の公募
神戸市 - 公有財産の屋根を活用した太陽光発電事業者の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.