> > CF(カーボンフットプリント)国際標準化の主導権巡り日英火花

CF(カーボンフットプリント)国際標準化の主導権巡り日英火花

 印刷 記事を保存

今後の展開をイギリス・Carbon trust社に聞く

2008年10月末に世界初の国際的なカーボンフットプリント基準であるPAS2050を公表した英国。この取り組みに関する講演や会議のために来日したカーボン・トラスト社のテクニカルマネージャー、グラハム・シンデン博士とカーボン・ラベル社のカスタマー&プロジェクトマネージャーのロビン・ディキンソン氏に話を聞いた。

1次データ規制を廃止したPAS2050

グラハム・シンデン博士

カーボン・トラスト社(The Carbon trust) テクニカルマネージャー グラハム・シンデン博士(DR.GRAHAM SINDEN)

ロビン・ディキンソン氏

カーボン・ラベル社(The Carbon Label Company) カスタマー&プロジェクトマネージャー ロビン・ディキンソン氏(Robin Dickinson)

まずPAS2050の基準や計算方法の作成を担当したシンデン氏に、難しかった点を尋ねた。「企業が出すデータについて、試行段階では主要活動データ(1次データ)を60%以上必要とするという基準を設けていました。本当はこの基準を実施したかったのですが、企業にとって60%というのは実行が難しいことが分かったので方向性を変え、その基準をなくしました」(シンデン氏)。

企業の意見も重視している英国では、大手企業を中心に20社が協力してきた。「今後の政府によるCO2排出量規制、CO2削減を求める消費者の声の高まりなどを見据えると、CO2管理はそのための準備になるし、コスト削減やイメージ向上につながると企業側は考えています。計算の結果、各社が最低1つはCO2を削減できる点を見つけられました。例えばポテトチップスを生産、販売しているウォーカーズは原材料のジャガイモの生産における無駄を発見し、コストもCO2も削減できました」(ディキンソン氏)。


  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.