> > 2012年の関西におけるリチウムイオン電池生産の世界シェア、10.7%に減少

2012年の関西におけるリチウムイオン電池生産の世界シェア、10.7%に減少

 印刷 記事を保存

日本政策投資銀行(DBJ)関西支店は、「関西バッテリーベイのシェア動向」と題した調査レポートを発行した。このレポートの推計によると、関西におけるバッテリー産業の世界シェアは、リチウム電池(民生用)が2008年の33.1%から2012年には10.7%へ、太陽電池が2008年の14.7%から2012年には4.8%へ、それぞれ減少する見通し。近年の競争環境の悪化により、強固な集積を有していた関西におけるバッテリー産業の地位低下が伺える。

関西バッテリーベイは、関西におけるリチウムイオン電池・太陽電池関連産業の集積を示す名称のこと。近年、バッテリー産業(リチウムイオン電池・太陽電池)の世界市場規模は堅調に拡大しているが、海外勢の新規参入と技術水準の向上等のから、業界の競争は激化している。このため、関西バッテリーベイを含む国内のバッテリー産業では、海外生産の強化や国内事業の縮小といった動きが増え、車載用リチウムイオン電池といった特定の分野を除いて、かつてのような国内への活発な投資姿勢は見られなくなっている。DBJ関西支店は、2010年5月に発行したレポートにおいて、関西バッテリーベイの可能性について言及したが、今回、この業界の状況変化を踏まえ、本レポートで再度その状況を報告した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.