> > 千葉県沖合で国内初の洋上風力発電(着床式)が設置完了

千葉県沖合で国内初の洋上風力発電(着床式)が設置完了

 印刷 記事を保存

NEDOが千葉県銚子市の沖合3kmに建設を進めていた、国内初の沖合洋上風力発電設備の設置が完了し、10月22日、報道機関向けに公開された。今回設置された巨大風車は定格出力が2,400kW、海上の高さが約126m、ローターの直径が約92mで、日本国内の風車としては最大級の規模となる。今後は試運転、調整等を行い、2013年1月から発電を開始する予定。

NEDOは、国内で初めての沖合における洋上風力発電の実現に向けて、千葉県銚子沖及び福岡県北九州市沖の2カ所で、洋上の風向と風速を観測する洋上風況観測タワーと実際に洋上で発電を行う洋上風車を実海域に設置するプロジェクトを推進している。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.