> > 東芝、リチウムイオン電池の生産を柏崎工場に一本化、一貫体制で効率化

東芝、リチウムイオン電池の生産を柏崎工場に一本化、一貫体制で効率化

 印刷 記事を保存

東芝は、リチウムイオン電池「SCiBTM」について、開発の効率化とスピードアップおよび量産製造体制の強化を目的に、新潟県柏崎市と長野県佐久市の2拠点で進めている開発と量産製造を柏崎工場に一本化すると発表した。

佐久工場での「SCiBTM」の量産製造は、2012年上期から順次柏崎工場に移管してきており、今回の体制変更により11月で生産を終了する。また、開発部門についても、2013年3月までに柏崎工場に移管することで、柏崎工場において開発から量産製造までの一貫体制を構築する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.