> > 東芝、リチウムイオン電池の生産を柏崎工場に一本化、一貫体制で効率化

東芝、リチウムイオン電池の生産を柏崎工場に一本化、一貫体制で効率化

記事を保存

東芝は、リチウムイオン電池「SCiB™」について、開発の効率化とスピードアップおよび量産製造体制の強化を目的に、新潟県柏崎市と長野県佐久市の2拠点で進めている開発と量産製造を柏崎工場に一本化すると発表した。

佐久工場での「SCiB™」の量産製造は、2012年上期から順次柏崎工場に移管してきており、今回の体制変更により11月で生産を終了する。また、開発部門についても、2013年3月までに柏崎工場に移管することで、柏崎工場において開発から量産製造までの一貫体制を構築する。

「SCiB™」は同社の注力事業の一つ。二次電池として、酸化物系新材料の採用などにより、高い安全性、長寿命、急速充電性能、低温動作等の優れた特性を実現している。これまでに三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」、ホンダのEV「フィット」をはじめ、電動バイク等に採用されている。また、同社では、「SCiB™」を適用した店舗・オフィス向け蓄電池などを展開してきた。

同社は、今回の施策により、今後、EV向けや家庭用・産業用の蓄電池向けだけでなく、スマートグリッドなどで利用される大型の電力貯蔵システム向けも視野に入れ、開発の効率化を図るとともに、需要急増にもタイムリーに対応できる体制を確立し、事業の拡大を目指すとしている。

「SCiB™」は2007年12月に事業化し、翌年3月に佐久工場で生産を開始。2011年2月には新規建設した柏崎工場での量産開始に伴い、佐久工場は開発試作と一部製造を担ってきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.