> > 佐川急便、京都府での配達に3輪電気自動車を試験導入

佐川急便、京都府での配達に3輪電気自動車を試験導入

記事を保存
佐川急便、京都府での配達に3輪電気自動車を試験導入

SGホールディングスグループの佐川急便は、創業の地である京都において宅配便の集荷・配達に3輪電気自動車(3輪EV)を試験導入した。今後1年をめどに各種データを取得するとともに、効率的かつ環境負荷の少ない輸送モードの研究・開発に取り組む。

今回導入したのは、定員2名、最大100kgの積載が可能な3輪EV「雷駆T3」。「雷駆T3」は、光岡自動車とユアサM&Bが宅配サービス等での活用を想定し開発した新型車で、同グループで車両整備・新車販売・ボディ販売事業を展開するSGモータースが、集荷・配達に適した専用ボディを製造した。

同社は、今回、四条高倉サービスセンター(京都市中京区)に2台の3輪EVを試験導入した。集荷・配達を担当するのは、東が麩屋町通、西が烏丸通、南が四条通、北が六角通内のエリア。この一帯は細い道路が多く、また多数の商店やオフィス、住居が立ち並ぶエリアで、同社では最寄りのサービスセンターから台車等で集荷・配達を行っている。3輪EVはコンパクトで機動力があり、走行中に排気ガスを出さないため、環境面だけでなく、エリア内での効率的な集荷・配達での効果を見込む。

また同社では現在ドライバー職を中心に女性従業員の登用を推進しており、トラックの運転に抵抗がある女性の雇用拡大に向けて、新たなアプローチにつながるものと考えている。

佐川急便では、環境保全活動の一環として天然ガス自動車をはじめとするエコカーの導入を積極的に進めている。SGモータースでは、さらなる環境配慮型車両の導入に向けて、「雷駆T3」に当初から注目し、開発段階から参画してきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.