> > 関電工、風力・太陽光・小水力発電事業に参入 

関電工、風力・太陽光・小水力発電事業に参入 

 印刷 記事を保存

関電工は、再生可能エネルギーを利用した発電事業へ本格的に進出すると発表した。風力発電事業会社を買収するとともに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設やマイクロ水力発電設備の開発に着手する。

風力発電事業会社の買収については、日本風力開発が保有する銚子風力開発(千葉県銚子市)の発行済株式の90%を平成24年10月31日付で取得する。株式取得価額は約18億円。

銚子風力開発は、発電設備容量2万2,500kW(1,500kW×15基)の風力発電を運営する。同社は、風力発電設備の施工について、銚子風力開発が保有する15基の風力発電設備を含め、昭和58年以来これまでに29地点311MWに及ぶ実績を有している。また、平成22年2月には石川県輪島市で稼働中の風力発電事業会社への出資を行っている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.