> > ミサワホーム、新潟県で寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅を建築

ミサワホーム、新潟県で寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅を建築

 印刷 記事を保存

ミサワホームは、新潟県新潟市内で土地区画整理組合が実施するスマートタウンづくりに参画し、寒冷多雪地域向けの量産型スマートハウスを年度内に10棟建築する。同スマートタウンには264棟の戸建住宅のほか、商業施設やスーパーマーケット、特別養護老人ホームなどが建設され、将来的には、同組合と日本電気、長岡技術科学大学などが連携してタウン内エネルギーの最適利用を目指す計画。

今年度中に実証住宅の購入者を募集・決定し、来年4月よりエネルギー消費量や室内の温熱環境、外部の気温や湿度、風向き、風速などのデータを取得。これらから住宅の断熱仕様や環境設備、プランニングなどの妥当性を検証し、同スマートタウン内でミサワホームが建築する予定の分譲住宅設計に反映していく。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.