> > ミサワホーム、新潟県で寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅を建築

ミサワホーム、新潟県で寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅を建築

記事を保存
ミサワホーム、新潟県で寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅を建築

ミサワホームは、新潟県新潟市内で土地区画整理組合が実施するスマートタウンづくりに参画し、寒冷多雪地域向けの量産型スマートハウスを年度内に10棟建築する。同スマートタウンには264棟の戸建住宅のほか、商業施設やスーパーマーケット、特別養護老人ホームなどが建設され、将来的には、同組合と日本電気、長岡技術科学大学などが連携してタウン内エネルギーの最適利用を目指す計画。

今年度中に実証住宅の購入者を募集・決定し、来年4月よりエネルギー消費量や室内の温熱環境、外部の気温や湿度、風向き、風速などのデータを取得。これらから住宅の断熱仕様や環境設備、プランニングなどの妥当性を検証し、同スマートタウン内でミサワホームが建築する予定の分譲住宅設計に反映していく。

今回の実証住宅では、ミサワホームが持つ高い断熱性能に加え、空調領域を区切り暖房効率を向上させるほか、洗面室やホールにも暖房を設置し住宅内でヒートショックが起こらないような対策を施す。

環境設備は、太陽光発電システム燃料電池、HEMSを採用しエネルギーの効率的な利用を図るとともに、ミサワホームが提案する自然エネルギーを有効活用するための設計手法「微気候デザイン設計」を、各戸のプランニングや外構計画に取り入れる。

今回ミサワホームが参画するスマートタウンは、新潟市内において、地権者を中心とした西野中野山土地区画整理組合が事業主体となり、JR新潟駅近くで実施している西野中野山土地区画整理事業の一環。同事業では「永続的に最適な効率的エネルギー利用を住民・事業者参加形で推進しつづけるまち」をコンセプトとしたスマートタウンを計画。同組合の解散後はその機能を西野中野山まちづくりが承継し、一体的な継続的なまちづくりを行う予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.