> > 国交省、非常時にも電力供給できる港湾システムの実証委託先を募集

国交省、非常時にも電力供給できる港湾システムの実証委託先を募集

記事を保存
国交省、非常時にも電力供給できる港湾システムの実証委託先を募集

国土交通省では環境省と連携し、港湾空間の温室効果ガス削減を推進し、非常時においても港湾への電力供給を可能にする仕組みについて、その企画・検討及び効果の実証を委託する。

同事業により得られた実証結果をもとに、港湾における再生可能エネルギーの利活用を推進していきたい考えだ。

災害等非常時にも効果的な港湾地域低炭素化推進事業 イメージ図

事業イメージ図

今回、この災害等非常時にも効果的な港湾地域低炭素化推進事業(平成24年度~平成26年度)について二次募集を開始した。公募期間は12月3日まで。応募者の要件は民間企業等。

対象とする検証項目は以下の通り。

  1. 港湾空間における温室効果ガス削減効果
  2. 非常時における港湾機能確保のための、電力供給の安定性・確実性
  3. 実証事業対象システムの適切な規模及び設置場所等
  4. 事業性及び国内外への港湾地域への波及性

【参考】
国土交通省 - 港湾の低炭素化、非常時にも電力供給を可能にするシステムの実証事業について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.