> > 愛知県・三重県共同募集の木曽岬干拓地メガソーラーは丸紅に決定 48.7MW

愛知県・三重県共同募集の木曽岬干拓地メガソーラーは丸紅に決定 48.7MW

 印刷 記事を保存

三重県及び愛知県は、木曽岬干拓地において、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置・運営する事業者の選定を行い、総合商社の丸紅を事業候補者に決定したと発表した。本メガソーラーの出力規模は4万8,700kW(太陽光パネル容量)。総事業費は約160億円。平成26年10月の運転開始を予定している。

本事業の区域は三重県桑名市長島町老松地内~桑名郡木曽岬町新輪地内、及び愛知県弥富市曙地内。貸付面積は約78ha(三重県約62ha、愛知県約16ha)。年間発電量は、約1万5,000世帯の年間使用電力量に相当する5,333万4,000kWhを見込む。事業期間は、工事期間として平成25年5月(工事着工)から平成26年9月(工事完了)まで1年5カ月間、運転期間として平成26年10月(運転開始)から平成46年9月(運転終了)まで20年間を予定している。本事業者の公募は、企画提案コンペ方式により実施し、6社が企画提案コンペに参加した。

事業候補者となった丸紅の提案概要は、産業振興と社会貢献の二つを柱とする。具体的には以下の通り。地元自治体等と協議を進め、同意を得た上で実施していく。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.