> > トヨタホーム、北九州市で合計70 区画のスマートハウス分譲を開始

トヨタホーム、北九州市で合計70 区画のスマートハウス分譲を開始

記事を保存
トヨタホーム、北九州市で合計70 区画のスマートハウス分譲を開始

トヨタホームとトヨタホームつくしは、北九州市で合計約70区画のスマートハウスの分譲販売を開始する。北九州市八幡西区鉄王の「スマートヴィラ鉄王」は、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を標準装備し、約30区画を販売。同市若松区青葉台の「スマートヴィラ高須青葉台」は、HEMS、EV・PHV用充電器、太陽光発電システム、エコキュートなどのスマートハウス機器を標準装備し、約40区画を12月1日に発売する。

建売と建築条件付宅地の併売で、建売物件はトヨタホームの主力商品「スマートステージ」。建売の販売価格は「スマートヴィラ鉄王」が3,900万円台~、「スマートヴィラ高須青葉台」が3,600万円台~。

両分譲地とも北九州市中心部へのアクセスに優れ、自然環境にも恵まれた閑静な住宅街に立地。街並みを維持するための環境維持にも配慮した。また「家、車、情報」をスマートにつなげながら、街並みもスマートにデザインした新しい住環境を提案。スマートハウスはオールトヨタの技術を結集。現地モデル棟には最新の家庭用燃料電池も設置し、進化したスマートハウスでより快適な生活を提案する。ケーブルテレビを活用した地域情報の提供も行う。

同社は、愛知県豊田市などでの実証実験で得た省エネルギーのノウハウとオールトヨタの先進技術を取り入れたスマートハウスを提供し、再生可能エネルギーの活用を促進する街づくりに貢献したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.