> > 富山県募集のメガソーラー、スパークス・グループ子会社連合体に決定

富山県募集のメガソーラー、スパークス・グループ子会社連合体に決定

 印刷 記事を保存

富山県は、富山市舟倉地区の県有地において、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置・運営する事業者を決定した。

選定されたのは、投信投資顧問会社スパークス・グループの100%子会社であるスパークス・グリーンエナジー&テクノロジー(東京都)を代表構成員、東芝、熊谷組を構成員とする連合体。本メガソーラーの総事業費は約24億円を予定、発電出力規模は6,000kW。平成25年4月の着工、平成26年2月の運転開始を予定している。

同県では、同地においてメガソーラーを設置・運営する事業者を公募していたが、11月8日に開催した「富山県メガソーラー事業プロポーザル審査会」での審査を踏まえ、今回、この3者を構成員とする連合体に決定した。高効率で発電量の大きい発電事業計画や高い土地貸付希望額などが総合的に評価された。

本メガソーラーの企画提案の概要は以下の通り。敷地面積は約15万8,000m2。パネルベースの出力規模は7,686kW。年間発電量は標準家庭の約1,900軒分の年間使用電力量に相当する697万4,000kWhを見込む。設置面積は約20.4ha。

提案の特色として、

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.