> > 茨城県潮来市に14MWのメガソーラー発電所を建設

茨城県潮来市に14MWのメガソーラー発電所を建設

記事を保存
茨城県潮来市に14MWのメガソーラー発電所を建設

リアルコムは、リサイクルワン、ミツウロコグリーンエネルギーと共同で、茨城県潮来市に太陽光発電所「水郷潮来ソーラー」を建設し、パネルの供給に加え、ソーラー発電所運営事業にも参画する。

同事業は、潮来市にある「道の駅いたこ」に隣接する企業誘致用地を活用。同社は、これにより太陽光発電による環境ビジネス実現を通じた地域活性化に寄与するとともに、獲得したノウハウ、ネットワークを活用することで、メガソーラー事業の⼀層の拡大を図りたい考えだ。

発電出力は約1万4,000kW(14MW)で、想定年間発電量は約1,470万kW時となり、⼀般家庭の約4,000世帯の年間使用電力量に相当する。CO2削減量は年間5,500t程度。平成25年3月に着工し、同年12月に運転開始予定。同事業の⼀環として道の駅いたこに蓄電池(容量7.2kW時)を設置し、防災拠点化を図る取り組みも実施する方針。

なお、リアルコムは、ワークスタイル変革、組織改革を実現するためのソフトウェア、SI、アウトソーシングサービス及びコンサルティングを提供。リサイクルワンは、プラスチックリサイクルや再生可能エネルギー事業の開発など、ミツウロコグリーンエネルギーは、風力・バイオマス発電事業などを手がけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.