> > 日産、EV用モーターのジスプロシウムを4割削減 リーフに搭載

日産、EV用モーターのジスプロシウムを4割削減 リーフに搭載

記事を保存
日産、EV用モーターのジスプロシウムを4割削減 リーフに搭載

日産自動車は、レアアースの一つであるジスプロシウム(元素記号:Dy)を従来より40%削減した電気自動車(EV)用モーターを開発し、11月20日にマイナーチェンジし発売を開始したEV「リーフ」に搭載したと発表した。今後、今回開発した技術を採用し、ハイブリッド車用モーターでも使用を削減していく予定だ。

EVなどの電動車両用モーターには、その小型化および高性能化に必要な高い磁力を発揮できるNd-Fe-B磁石(ネオジム磁石)が使用されており、ジスプロシウムはネオジム磁石の耐熱性を高めるために添加されている。これまでは、ジスプロシウムはネオジム磁石全体に均一に分布されるよう添加されていた。

一方、ネオジム磁石の耐熱性を高めるためには、磁石の結晶粒界(結晶の境目)にジスプロシウムを分布させることが効果的であることが知られている。今回、同社はレアアースマグネットのサプライヤーとの共同開発のもと、その特性に着目した粒界拡散技術を採用し、従来と同等の耐熱性を確保しながらジスプロシウムの使用量を40%削減させることに成功した。新設計のEV用モーターに粒界拡散技術を適用させ、「リーフ」の高い動力性能を実現している。

ジスプロシウムは、産出地域が限定している一方、家電製品や電動車両などのクリーンエネルギーに関連した需要が拡大しており、電動車両の普及を進める上でその使用量の削減や有効活用が重要な取り組みとなっている。同社は今後、ハイブリッド車用モーターにも粒界拡散技術を採用していくだけでなく、駆動用モーター以外の部品では最終的に使用量ゼロをめざし、開発に取り組んでいく考えだ。

同社は、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016」の重点目標の一つに新たに採掘する天然資源の最小化を掲げ、希少資源の使用量削減を積極的に推進している。今回のジスプロシウム使用量削減に加え、鋳鉄部品や排出ガス触媒に使用されるセリウム(元素記号:Ce)、ランタン(同:La)など、レアアースを含有する全部品において、使用量の削減、および適正化を進めており、新車への採用を順次進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.