> > インターコム、IEEE1888関連装置の相互接続試験に成功、省エネ管理サービスを加速

インターコム、IEEE1888関連装置の相互接続試験に成功、省エネ管理サービスを加速

 印刷 記事を保存

コンピューターソフトウェア開発会社のインターコムは、ビルのエネルギー管理システム(BEMS)やスマートグリッド向けの国際標準的な通信規格であるIEEE1888技術を用いた省エネプロジェクト「東大グリーンICTプロジェクト(GUTP)」が実施したIEEE1888対応機器の相互接続試験に、現在開発中のIEEE1888ゲートウェイ装置を提出し、相互接続検証において成功を確認したと発表した。

今回のGUTPの相互接続試験には、合計12の企業・大学で開発されたおよそ30種類のIEEE1888通信機器、およびその周辺装置が参加し、10月17日・18日に行われた。これらの機器・装置は、スマートグリッドを想定した次世代BEMSの実現に欠かせないものとして、将来的に大きな普及が見込まれている。

同社が提出したのは、開発中のIEEE1888ゲートウェイ装置「仮称:IEEE1888 MaLion GW(アイトリプルイーイチハチハチハチ マリオンゲートウェイ)」。ゲートウェイ装置は異なる通信手順(プロトコル)が混在するシステムやネットワークを相互に接続するための装置。

(※全文:982文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.