> > パナソニック、家電に組み込める高速電力線通信用チップの提供開始

パナソニック、家電に組み込める高速電力線通信用チップの提供開始

 印刷 記事を保存

パナソニック システムネットワークスは、高速電力線通信「HD-PLC」方式のライセンス供与として、これまでの高速PLC「HD-PLC」IEEE1901Completeに加えて、家電製品への組み込みに対応する「HD-PLC」insideの提供を2013年1月から開始する。

電力線通信(電力線搬送通信、PLC)とは、電力を搬送するための電線に、周波数を変えた交流電流を流し、その電流で信号をやりとりする技術。今後進むスマートグリッドスマートハウスの構築において、白物家電や産業機器の消費電力などのデータの通信手段のひとつとして期待されている。

LSI化された「HD-PLC」insideは、既存の全てのIEEE1901「HD-PLC」商品との相互接続が可能で、同社がすでにライセンスアウトを行っている「HD-PLC」IEEE1901Complete版と比較してチップのサイズを1/3に縮小している。

(※全文:562文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.