> > パナソニック、低温、屋外対応のリチウムイオン蓄電システムを発表

パナソニック、低温、屋外対応のリチウムイオン蓄電システムを発表

 印刷 記事を保存

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、公共・産業用のリチウムイオン蓄電システム(蓄電容量15kWh)」について、設置条件を拡大した新タイプを発表した。12月20日より受注を開始する。

同システムは、低温環境下での使用が可能になった点、屋外設置に対応した点が特長。価格は990万円~。年間500台の販売を目指す。

新開発のバッテリーマネジメントユニットが蓄電池内部の温度を常にモニタリングし、複数の蓄電池ユニット内の温度を一定範囲に保つ新機構を採用しており、これにより低温度環境下(最低温度約-10℃)で蓄電システムの充放電が可能となった。

(※全文:558文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.