> > 米SunPower社、窪倉電設に発電効率20.1%のユニット式太陽光発電製品を供給

米SunPower社、窪倉電設に発電効率20.1%のユニット式太陽光発電製品を供給

記事を保存

米SunPower Corporationは、窪倉電設(神奈川県横浜市)に産業用太陽光発電システム「T5ソーラールーフタイル」(発電効率20.1%、定格出力327Wのパネルを使用)を供給する契約を締結したと発表した。窪倉電設では、米SunPowerの太陽光パネルの発電効率20%であることが決め手になったとしている。

窪倉電設は、本システムを神奈川県内において、屋根を借りた4施設に設置し、固定価格買取制度を利用して、540kW太陽光発電システムから得た電力を電力会社に売電する。本システムのよる年間発電量は、一般家庭約180戸分が年間で使用する発電量を見込む。同社では2012年末までにシステム設置に着工し、2013年2月までに完了する予定。

「T5ソーラールーフタイル」は、太陽光パネルとフレーム、設置システム等を、オールインワン設計により組み立てユニットにした業界初の屋根用太陽光発電システムとなっている。屋根にアンカーの穴をあける必要がないため、設置が容易で、また、ルーフトップ表面における防水面、構造面でのリスクを最小化した。

さらに、5度の傾斜で配置することでエネルギー効率の最大化を実現した。また、インターロック方式により安全な設置や、特許取得済みの設計により、あらゆる陸屋根や傾斜の緩い屋根にも対応する。

サンパワーは、住宅用太陽電池として世界最高となる最大モジュール変換効率20.1%を実現した250Wのモジュールを、東芝にも供給している。今回の窪倉電設との提携を足掛かりに、日本市場で急成長する商業用ルーフトップ分野におけるシェア拡大を図っていく考えだ。

一方、窪倉電設は、本年5月に自然エネルギーを活用した発電・売電事業を行うため、新潟県燕市に新会社「PVP JAPAN」を設立。神奈川県屋根貸し事業の事業者に決定(3施設約500kW)しているほか、新潟県燕市に「メガソーラー施設 TSUBAME site」建設、発電中である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.