> > サークルKサンクス、太陽光発電システムを約800店舗へ導入、売電収益は節電対策に

サークルKサンクス、太陽光発電システムを約800店舗へ導入、売電収益は節電対策に

記事を保存
サークルKサンクス、太陽光発電システムを約800店舗へ導入、売電収益は節電対策に

サークルKサンクスは、2013年5月よりコンビニエンスストア約800店へ太陽光発電システムを順次設置すると発表した。7月にスタートした再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づき、発電した電力はすべて売電し、売電収益は全店舗を挙げて節電対策に取り組むための省エネ設備の投資等に充てる。太陽電池パネルはシャープ製を採用する。

今回設置する店舗は、日照効率の高い店舗を東北から中国地区までのエリアより、リストアップし、現地調査を実施したうえで最終的に決定する。同社配送センターの一部にも設置する予定。設置する機器は、店舗屋根の規模に応じて3タイプ(10kw、12kw、15kw)の中から最適な容量を選ぶ。1店舗あたり年間約10,000Kwhの電力量を見込む。

シャープ製の太陽電池パネルを採用した理由については、日本工業標準調査会が定める長期信頼性に関する新たな認証「JISQ8901」を取得するなど、長期間安心して使用できる太陽光発電システムであること、また、全国で設計から施工・メンテナンスまで一貫して対応できる体制がとられていること、をあげる。

同社は、これまでも照明のLED化や調光システムの活用により、コンビニエンスストアにおける使用電力の削減につなげてきた。今回の太陽光発電システムの導入は、固定価格買取制度を適用し、発電による自給エネルギー確保に事業化で貢献するためと説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.