> > IRジャパン、電気自転車に特化した3相ゲート駆動ICのサンプル出荷を開始

IRジャパン、電気自転車に特化した3相ゲート駆動ICのサンプル出荷を開始

記事を保存
IRジャパン、電気自転車に特化した3相ゲート駆動ICのサンプル出荷を開始

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)は、電気自動車のインバータ向けに3相ゲート駆動IC「IR3230SPbF」のサンプル出荷を開始したと発表した。

本製品は、電気自転車のインバータの要求を満たすように特別に設計され、高度に集積化された3相ゲート駆動IC。入力電圧範囲は6V~60V。48Vのバッテリ・システムからの動作や、バッテリを充電する回生モードが可能で、部品点数を削減し、システムの信頼性を改善するための多くの保護機能を集積している。出力電流は吐き出し/吸い込み共に350mA。

本製品は、標準的なシステムで必要な3つの電解コンデンサ(蓄電池)を省くことができるチャージ・ポンプ(電圧を昇圧させる電子回路)を集積し、プログラマブル・ロジック・アレイを不要とし制御方式を単純化できる120度/60度の選択能力や、センサとのインタフェースを備える。

パッケージはワイド・ボディの28ピンSOP。部材は鉛フリーで欧州の規制RoHS(特定物質の使用規制)に準拠している。1万個購入時の単価は、0.95米ドルからとなる予定(米国での参考価格)。

IR社(米国・カリフォルニア州)は、パワー・マネジメント(電源管理)技術のリーダー。同社のアナログIC、アナログ/デジタル混在IC、最先端デバイス、電源のシステムや部品は、コンピュータの性能向上や、世界で最も電力消費の大きいモーターの省エネに貢献する。コンピュータ、省エネ家電、照明器具、自動車、衛星・航空・防衛システムなどの主な製造企業は、次期製品の性能向上のためにIR社のパワー・マネジメント・ソリューションを活用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.