> > 国内初 兵庫県佐用町に木造架台のメガソーラー

国内初 兵庫県佐用町に木造架台のメガソーラー

 印刷 記事を保存

兵庫県佐用郡佐用町とIDEC(大阪市淀川区)は、共同で開始するメガソーラー事業において、国内初めて、伝統の木造建築構造を太陽光パネル架台に採用(特許・意匠出願中)し、部材に兵庫県産木材を活用する。

本事業は鳥取自動車道工事の申山残土処分地(10万540m2)に5MWのメガソーラーを設置し、発電事業を行うもの。両者は、国の固定価格買取制度を見据えた本事業の実施に当たって、全国でもめずらしい共同出資のLLP(有限責任事業組合)」を設立する。

総事業費は15億円(送電線敷設費用2.2億円含む)。2014年3月の発電開始を予定している。両者は、今後、互いの特性・ノウハウを生かし、役割分担を行いながら事業推進を図り、「環境に優しいグローバルでNo.1のメガソーラー」を目指す。

(※全文:1,063文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.