> > 国内初 兵庫県佐用町に木造架台のメガソーラー

国内初 兵庫県佐用町に木造架台のメガソーラー

記事を保存
国内初 兵庫県佐用町に木造架台のメガソーラー

兵庫県佐用郡佐用町とIDEC(大阪市淀川区)は、共同で開始するメガソーラー事業において、国内初めて、伝統の木造建築構造を太陽光パネル架台に採用(特許・意匠出願中)し、部材に兵庫県産木材を活用する。

本事業は鳥取自動車道工事の申山残土処分地(10万540m2)に5MWのメガソーラーを設置し、発電事業を行うもの。

両者は、国の固定価格買取制度を見据えた本事業の実施に当たって、全国でもめずらしい共同出資のLLP(有限責任事業組合)」を設立する。

総事業費は15億円(送電線敷設費用2.2億円含む)。2014年3月の発電開始を予定している。両者は、今後、互いの特性・ノウハウを生かし、役割分担を行いながら事業推進を図り、「環境に優しいグローバルでNo.1のメガソーラー」を目指す。

本事業の主体は、佐用・IDEC有限責任事業組合(仮称)。太陽光パネルは2万1,000枚を使用。年間予想発電量は、一般家庭約1,500世帯分の消費電力に相当する533万KWh。

発電した電力は全量を固定価格買取制度に基づき売電し、年間売電収入は2億2,200万円(税込み)を見込む。県産木材使用量は木材約1万本を予定(1本のサイズ:10.5cm角(正角材)×400cm)。

木造建築構造を太陽光パネル架台に採用することによる特長として、下記4点をあげる。

  • 部材には兵庫県産木材を使用し、鋼鉄製架台に比べ、「材料費の大幅コストダウン」
  • 架台の設置工事、パネルの固定・設置時間を短縮し「作業工数の削減」
  • 「国内産木材の有効活用」による日本の森林問題解決への提案
  • 「使用後木材の100%再利用(パルプ材料・燃料・他)が可能」による循環型環境配慮社会への貢献

両者は、今後、2013年1月に有限責任事業組合を設立、4月に発電所工事開始、2014年1月に発電所工事完了、3月の発電開始を目指す。

佐用町は、平成21年8月、豪雨による大水害を経験。山林では大量の倒木が発生、流木が川の流れをせき止め浸水被害が拡大、その際、健全な山林育成の重要性を痛感したという。

そこで、今回、山林の健全な育成を推進し、防災力を高め、循環型環境配慮社会実現への貢献を目的に、メガソーラーに県産木材を活用した木造建築構造架台を導入することを計画した。

IDECは、制御機器製品をはじめ、電気機械器具の製造・販売を手がける。2012年4月より「太陽光発電用・電力マネージメントシステム事業」に参入し、この分野における各種機器・システムを提供している。

また、11月に、国内メガソーラー事業に参入し、産業用太陽光発電・メガソーラー「システム設計、最適ハード・ソフト選定・調達、施工、保守・メンテナンス」のワンストップ提供を開始している。

【参考】
佐用町 - 官民共同による「国内初の木製架台を採用したメガソーラー」事業に関する基本協定の締結について(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.