> > QVCジャパン、千葉県の物流センター屋上に太陽光発電システムを設置

QVCジャパン、千葉県の物流センター屋上に太陽光発電システムを設置

記事を保存
QVCジャパン、千葉県の物流センター屋上に太陽光発電システムを設置

テレビを中心としたマルチメディア小売企業のQVCジャパンは、千葉県佐倉市にある同社商品センターの屋上の一部に太陽光発電装置を設置し、2013年3月より発電を開始すると発表した。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度のもと、発電した電力は全て電力会社への契約申請・許可を経て売電する予定。発電力量は年間約34万8,000kWh、CO2削減量は年間約106トンを見込んでいる。

同社は、約14万平方メールの広大な敷地に、延べ床面積約8万9000平方メートルの商品センターを保有し、そこから年間約800万ケースを全国に出荷している。同センターを構成する4棟の建物のうち、構造上、太陽光発電システムの設置が可能な「自動パレット倉庫棟」の屋上に最大出力350kWとなる1470枚の太陽電池モジュールを設置する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.