> > 東京都、地熱発電で八丈島の電力8割を供給するプロジェクト

東京都、地熱発電で八丈島の電力8割を供給するプロジェクト

記事を保存

東京都は、八丈島において、地熱発電等の再生可能エネルギーの利用を大幅に拡大するため、八丈町と連携し、モデル・プロジェクト実施の検討を開始すると発表した。同島では、現在、平成11年設置の出力2,000kWの地熱発電所を東京電力が運用している。

想定するモデル・プロジェクトでは、この地熱発電の規模を3倍の6,000kW程度とし、出力調整用の揚水発電(1,200kW程度)を導入して昼間のピーク電力を賄うことで、再生可能エネルギー利用率を約25%から約86%へ大幅拡大する。関係者との調整を踏まえ、平成26年度の整備事業開始を目指す。

都では、電源の多元化を目的とした電力改革の一環として、各町村との連携の下、島しょ地域における再生可能エネルギーの利用拡大に積極的に取り組んできた。本事業では、自然エネルギーを最大限活用して島のエネルギー自給率を高める全国的なモデルを創出する。また、地熱発電所を観光コースに取り入れるなど、事業を通じて地元への利益還元がなされる方策も検討する。

平成26年度の整備事業開始に向けた今後の検討スケジュールとしては、平成24年度に、地元関係者や学識経験者等からなる検討委員会を立ち上げ、事業スキームや地元への利益還元手法等の検討、電力系統の安定的運用に係る調整を行う。平成25年度にフィージビリティスタディ(実現可能性調査)、コスト計算等を実施し、事業スキームの確定をめざす。

猪瀬直樹東京都知事は、1月4日の記者会見で、本事業について「ひとつのエリア全体を地熱発電により8割賄うことができる画期的な事業だと思う」と話した。また、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を前提としており、民間事業者が採算がとれる事業であると説明した。まずは、本事業の実施を検討するために都として予算を計上する。

東京都では、電源の多元化に向けて、エリアの資源に着目したエネルギーの地産地消を目指しており、三宅島ではメガソーラー事業に取り組む計画であることもあきらかにした。

【参考】
環境省 - 八丈島における地熱発電の大幅拡大に向けて検討を開始します!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.