> > 三井物産、メキシコで164MWの風力発電事業に出資参画

三井物産、メキシコで164MWの風力発電事業に出資参画

記事を保存
三井物産、メキシコで164MWの風力発電事業に出資参画

三井物産は、メキシコ・オアハカ州で建設中のビイ・スティヌ風力発電事業(発電容量164MW)に出資参画すると発表した。同社は新規に設立した投資子会社MIT Renewables Mexico, S.A.P.I. de C.V.(MITRE Mexico)を通じて本事業を保有するEoliatec del Istmo, S.A.P.I. de C.V.の50%持分を取得する。

本事業の総事業費は51億メキシコペソ(約350億円)で、既にプロジェクトファイナンスを組成済。2013年6月の商業運転開始を予定しており、以降15年間の売電契約に基づき発電した電力を大手民間企業5グループに供給する。

スキーム図

スキーム図

同社は、本出資参画について、本事業を手がけるフランス大手再生可能エネルギー発電事業会社EDF Energies Nouvelles S.A.(EDF EN)の子会社EDF EN Mexico S. de R.L. de C.V.(EDF EN Mexico)と合意し、2013年1月8日に関連諸契約を締結した。

EDF ENグループは、欧州及び北米16カ国で4,200MWの再生可能エネルギー発電資産を保有しているほか、全世界で7,600MW以上の再生可能エネルギー発電資産の運営・保守サービスの実績を有する。EDF EN Mexicoは現在メキシコ・オアハカ州で67.5MWの風力発電事業を運営、本件を含め460MWの風力発電案件を開発・建設中である。

三井物産は、総発電容量ではメキシコにおいて第2位のIPP事業者(独立系発電事業者)で、現在、メキシコ国内6カ所で天然ガス焚きコンバインドサイクル発電所に出資参画する。本事業への参画により三井物産の持分発電容量は開発・建設中案件を含め5,916MWとなり、このうち再生可能エネルギー発電事業が439MWと全体の7%を占めることとなる。

また、同社は発電事業に加え、メキシコ国営石油公社向け廃水処理事業や自治体向け上下水道事業、ガス配給事業、LNG受入ターミナル事業、ガスパイプライン事業を運営しており、持続的な発展が期待される同国にて多様なインフラ事業基盤を構築し、地域ノウハウを蓄積している。本事業の出資参画を通じてメキシコにおける燃料バランスの取れた発電事業ポートフォリオの強化、及びクリーンエナジー化による温暖化ガス排出量の削減を図る。今後も重点地域の一つであるメキシコにおける事業展開を拡充していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.