> > 横浜ゴムが電気自動車「AERO-Y」を発表 接着剤など自社技術を駆使

横浜ゴムが電気自動車「AERO-Y」を発表 接着剤など自社技術を駆使

 印刷 記事を保存

横浜ゴムは、自社技術の研究・開発を目的とした電気自動車(EV)のコンセプトカー「AERO-Y(エアロ・ワイ)」を開発し、2013年1月11日から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されている「東京オートサロン2013 with NAPAC」で初披露した。

同社は、「AERO-Y」について、EVのモータリゼーションの成長に向けて、同社の環境に配慮した技術をあらゆる面で採用しつつ、直感的に「走る喜び」を感じてほしいとの思いから参考車両として製作した、と説明する。

開発にあたっては「空気抵抗低減」をテーマに、空気力学(エアロダイナミクス)を活用したタイヤ設計やボディ設計をはじめ、航空部品やハマタイト(接着剤)の開発で培った様々な部門の最新技術を結集している。ボディデザインはレーシングカーデザイナーの由良拓也氏が代表を務めるムーンクラフトが担当・協力した。

(※全文:910文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.