> > 横浜ゴムが電気自動車「AERO-Y」を発表 接着剤など自社技術を駆使

横浜ゴムが電気自動車「AERO-Y」を発表 接着剤など自社技術を駆使

記事を保存
横浜ゴムが電気自動車「AERO-Y」を発表 接着剤など自社技術を駆使

横浜ゴムは、自社技術の研究・開発を目的とした電気自動車(EV)のコンセプトカー「AERO-Y(エアロ・ワイ)」を開発し、2013年1月11日から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されている「東京オートサロン2013 with NAPAC」で初披露した。

同社は、「AERO-Y」について、EVのモータリゼーションの成長に向けて、同社の環境に配慮した技術をあらゆる面で採用しつつ、直感的に「走る喜び」を感じてほしいとの思いから参考車両として製作した、と説明する。

開発にあたっては「空気抵抗低減」をテーマに、空気力学(エアロダイナミクス)を活用したタイヤ設計やボディ設計をはじめ、航空部品やハマタイト(接着剤)の開発で培った様々な部門の最新技術を結集している。ボディデザインはレーシングカーデザイナーの由良拓也氏が代表を務めるムーンクラフトが担当・協力した。

具体的には、空気力学を活用したタイヤ設計により車全体の空気抵抗を低減、燃費向上に貢献し、ボディ設計によりEVに相応しい優れた省燃費性能と静粛性を実現した。

航空部品開発技術では、日本で初めて世界最大の航空機メーカーに認証された、炭素繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics)用プリプレグ(補強繊維に樹脂を含浸させたシート状の材料)を「AERO-Y」専用にチューニングしてボディ全般に採用した。高強度、高耐久性でありながら、超軽量を実現したCFRPはEVのバッテリー消費量改善に貢献する。

また、EVは内燃機関の熱問題解消による樹脂系素材の採用拡大や、車両軽量化のためにアルミや樹脂系素材を使用した車体フレーム構造の採用が予想される。金属と樹脂系素材など異種複合材料の接合において溶接に代わる接着剤は必須となっており、「AERO-Y」では自動車から建設まで幅広い用途で優れた実績を誇るハマタイト技術を採用した。

同社は「走る喜びと環境との調和」「電気自動車用タイヤの研究・開発」をテーマにEVに関する技術開発の促進を継続的に図っている。長年にわたって様々なEVレースやイベントをサポートしているほか、2009年からは世界的に有名なヒルクライムレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にEVレーシングカーで挑戦。2010年から3年連続でEVクラスの歴代最速記録を更新している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.