> > トヨタホーム、電気自動車の新しい壁掛型充電器を発売 補助金の対象に

トヨタホーム、電気自動車の新しい壁掛型充電器を発売 補助金の対象に

記事を保存
トヨタホーム、電気自動車の新しい壁掛型充電器を発売 補助金の対象に

トヨタホームは、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)用の新タイプの壁掛型充電器を発売した。この充電器は公共施設や商業施設、企業などでも利用しやすくするため、現状国内のPHVおよびEVが採用しているすべての普通充電モードに対応できる機能を搭載したほか、充電コネクターのロック機能を備え、防犯性も向上させた。

価格は19万9,500円(税込、基本工事費含)だが、経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入補助事業の対象機器に認定されており、補助を受けた場合は13万9,500円(同)で購入できる。

本充電器は、同社、豊田自動織機、日東工業の共同開発品。同社は2011年11月にトヨタ自動車がPHV「プリウス」を発売したときに、自立式のポールタイプ(トヨタホーム、豊田自動織機、日東工業の共同開発品)と壁掛けタイプ(豊田自動織機と日東工業の共同開発品)の2種類のオリジナル充電器を発売。以降、同車を購入した顧客を中心に、充電設備販売から設置工事、アフターサービスまでをワンストップで行っている。

これまでは自立式が経済産業省の補助対象となっていたが、今回、壁掛型についても補助対象機器を投入することで、顧客のニーズに対応する。本充電器の販売や設置工事は、これまでと同様、同社販売店およびリフォーム会社であるミサワホームイングを通じて行う。

【関連ページ】
エコカー・充電器のトップページ
エコカーの補助金(自治体別)
エコカー減税

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.