> > NECなど、神奈川県箱根で自治体のEV充電サービス有料化に向けた実証実験

NECなど、神奈川県箱根で自治体のEV充電サービス有料化に向けた実証実験

記事を保存
NECなど、神奈川県箱根で自治体のEV充電サービス有料化に向けた実証実験

日本電気(NEC)は、現在は無料で開放されている電気自動車(EV)向け充電サービスについて、認証課金システム導入に関わる運用面、コスト面等での課題の検証のための実証実験を神奈川県と行う。同実証実験は観光などでEVの利用が進む箱根町で実施。実証期間は1月21日から3月29日。なお、実証期間中は充電器の利用は無料で、その後も当面無料となる予定。

今回の実証実験では、有料化を先行して進め、相互乗り入れを実現しているジャパンチャージネットワーク(JCN)のEV充電会員サービスネットワークと、石油元売4社(出光興産、コスモ石油、JX日鉱日石エネルギー昭和シェル石油)のEVサービステーションネットワーク(EVSSネットワーク)について、観光などでのEV利用が進む箱根町の充電器との連携を実現する。

神奈川県のEV充電サービス有料化の実証システム概要 - 環境ビジネスオンライン

実証システム概要

具体的には、箱根町役場前に設置されているハセテック製(1台)と日産自動車製(1台)の計2台の急速充電器にNECのEV充電クラウドとの連携を可能にする認証課金装置を追加設置。これにより、実証期間中はNECのEV充電クラウドと連携しているJCNとEVSSネットワークの会員が、会員カードを用いて認証し、充電サービスを利用することが可能となる。

また、実証サービス運用中はNECとJCNが充電器の遠隔運用保守サービスを提供する。これらにより、会員カード認証方式による有料化について、システム導入・運用にかかる費用を検証するとともに、サービス運用に関する課題の洗い出しとその解決方法の検討を行う。

なお、同実証実験は神奈川県からNECが受託した「平成24年度電気自動車用急速充電器認証課金システム導入検討調査委託業務」の一環として行われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.