> > 大阪府の電気自動車タクシー、関空で充電器の自動予約システム実証に参加

大阪府の電気自動車タクシー、関空で充電器の自動予約システム実証に参加

記事を保存
大阪府の電気自動車タクシー、関空で充電器の自動予約システム実証に参加

兼松とモーションは、大阪府、日本ユニシスの協力を得て、EV(電気自動車)タクシーからの急速充電器の自動予約機能の稼働実験を、関西国際空港に設置された急速充電器を活用して実施すると発表した。

同事業のEVタクシー運行最適化システム(EVOTシステム)における自動予約機能は、EVタクシーの電池残量をリアルタイムでチェックできる。タクシーが関西国際空港近隣に顧客を送迎した際に、電池残量が一定未満になると算定された場合、自動的に到着時間を予測して、急速充電器の利用予約を行うもの。充電待ち時間による営業時間の逸失を最小限に抑えることを目的としている。

自動予約機能の稼働期間は、1月28日から2月28日までの1か月間。対象となるEVタクシー車両は、同事業に参加している大阪府内の34台。

兼松とモーションは、他3社とともに平成23年度より同事業を環境省から受託し、充電器の自動予約機能を含むEVOTシステムの開発・運用を行うとともに、平成22年度より電気自動車向け充電インフラ管理システムであるVOLTAシステムを開発して関西における充電インフラサービスの提供をしている。

大阪府は、平成22年3月から運用している充電予約・認証システム「おおさか充電インフラネットワーク」に接続した急速充電器を活用して、大阪での各種実証環境の提供等を行っている。今回の事業で活用する関西国際空港の急速充電器は「おおさか充電インフラネットワーク」に接続されている。

日本ユニシスは、EV・PHV向け充電インフラシステムサービス「smart oasisR(スマートオアシス)」を開発し、大阪府をはじめとした自治体など国内各地の社会実証実験への提供を行いサービス展開中。同事業において日本ユニシスは、多様なシステム環境の下で、EVOTシステムの自動予約機能を稼働させる実験に協力し、smart oasisとのインターフェース開発及び運用を行っている。

【参考】
兼松・日産など、スマートフォンを活用したEVタクシー運行システムの実証実験を拡大(2012/10/17)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.