> > 大阪府の電気自動車タクシー、関空で充電器の自動予約システム実証に参加

大阪府の電気自動車タクシー、関空で充電器の自動予約システム実証に参加

 印刷 記事を保存

兼松とモーションは、大阪府、日本ユニシスの協力を得て、EV(電気自動車)タクシーからの急速充電器の自動予約機能の稼働実験を、関西国際空港に設置された急速充電器を活用して実施すると発表した。

同事業のEVタクシー運行最適化システム(EVOTシステム)における自動予約機能は、EVタクシーの電池残量をリアルタイムでチェックして、できる。タクシーが関西国際空港近隣に顧客を送迎した際に、電池残量が一定未満になると算定された場合、自動的に到着時間を予測して、急速充電器の利用予約を行うもの。充電待ち時間による営業時間の逸失を最小限に抑えることを目的としている。

自動予約機能の稼働期間は、1月28日から2月28日までの1か月間。対象となるEVタクシー車両は、同事業に参加している大阪府内の34台。

(※全文:798文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.