> > 鶴弥、太陽光発電システムに対応した粘土瓦を発売

鶴弥、太陽光発電システムに対応した粘土瓦を発売

 印刷 記事を保存

粘土瓦メーカーの鶴弥(愛知県半田市)は、太陽光発電システムに対応した粘土瓦の新製品「スーパートライ110 スマート」を2013年3月1日より発売する。

この新製品は高い防災性能という基本スペックを備えた、瓦一体型の太陽光パネルとの葺き合わせが可能な、凹凸の少ないフルフラットタイプの平板瓦(F形瓦)。今回は、特にデザイン性を重要視し、シンプルモダンなデザインの住宅にマッチする様に、専用の特殊な部分を葺く瓦(役瓦)として、廻隅瓦(3点式廻隅瓦)、一体袖瓦、谷瓦等も同時に開発した。

環境配慮型製品の特徴として、「瓦一体型太陽光パネル対応」「遮熱性能」「建築現場での廃材料削減」の3点をあげる。瓦一体型太陽光パネル対応では、瓦の上に設置する据え置型だけでなく、瓦一体型太陽光パネルの施工が可能。

(※全文:888文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.