> > イカ釣り漁船も省エネ化 水中で使える高輝度・小型LED

イカ釣り漁船も省エネ化 水中で使える高輝度・小型LED

記事を保存
イカ釣り漁船も省エネ化 水中で使える高輝度・小型LED

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の先導的産業技術創出事業(若手研究グラント)の研究開発において、鹿児島大学は、北九州産業学術推進機構とともに、高輝度・小型のLED水中照明の開発に成功した。

今後、フィールド試験を通じてさらなる改良を進め、集魚灯を用いた漁業の低消費エネルギー化に加え、従来型LED照明では輝度の不足で導入が難しかった水中土木作業、海底探査分野についてもLED照明の導入を進めていきたい考えだ。

漁船上における点灯試験の様子

漁船上における点灯試験の様子

水中照明は、主にイカ釣り漁船等に代表される夜間の漁業に使用されているが、従来使用されている照明はエネルギー使用量が非常に多く、寿命の短さや瞬時点灯ができないうえ、LEDの大量実装により熱が集中するなどの課題があった。

そこで今回、高性能な放熱システムの開発により、LEDの熱課題を解決。従来比10倍以上のLEDの高密度な実装が可能となったことで、LED水中照明の大幅高輝度化・小型化を図ったのに加えて、同量の集魚効果を持つ白熱灯に対し20分の1以上の省エネも実現した。

【参考】
NEDO - 高輝度・小型LED水中照明を開発 ―イカ釣り漁船等の省エネに貢献―

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.