> > 豊田自動織機が燃料電池フォークリフトを開発、北九州市で実証実験

豊田自動織機が燃料電池フォークリフトを開発、北九州市で実証実験

 印刷 記事を保存

豊田自動織機は、トヨタ自動車と共同開発により、新たに開発した小型・高効率なフォークリフト用燃料電池システムを搭載したフォークリフト2台を、豊田合成北九州工場(福岡県北九州市)にて運用し、環境負荷低減効果と経済性を検証する実証実験を開始したと発表した。

本実証実験は、経済産業省と北九州市が進める「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として実施するもの。実証実験の期間は2012年12月~2014年3月。実証実験は、2.5t積燃料電池フォークリフト2台、水素ステーション1基で行う。燃料は、新日鐵住金八幡製鐵所より副次的に発生する水素を利用する。

(※全文:774文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.