> > 豊田自動織機が燃料電池フォークリフトを開発、北九州市で実証実験

豊田自動織機が燃料電池フォークリフトを開発、北九州市で実証実験

記事を保存
豊田自動織機が燃料電池フォークリフトを開発、北九州市で実証実験

豊田自動織機は、トヨタ自動車と共同開発により、新たに開発した小型・高効率なフォークリフト用燃料電池システムを搭載したフォークリフト2台を、豊田合成北九州工場(福岡県北九州市)にて運用し、環境負荷低減効果と経済性を検証する実証実験を開始したと発表した。

本実証実験は、経済産業省と北九州市が進める「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として実施するもの。実証実験の期間は2012年12月~2014年3月。実証実験は、2.5t積燃料電池フォークリフト2台、水素ステーション1基で行う。燃料は、新日鐵住金八幡製鐵所より副次的に発生する水素を利用する。

水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくる燃料電池は、CO2排出量の低減やエネルギーの多様化への対応技術として、自動車において実用化に向け開発が進められており、フォークリフトをはじめとする産業車両の動力源としても期待されている。

さらに燃料電池フォークリフトは、作業性においても、約3分で燃料充填を行い、充電や電池交換なしで連続稼働が可能なため、電動フォークリフトと比較して稼働効率の大幅な向上を図ることができる。

燃料電池フォークリフト実証実験車では、フォークリフトの可能性を広げる新機能として、AC100Vコンセントを搭載し、電動工具用電源や非常用電源としても使用可能とした。さらに、クラウドコンピューティングを利用した遠隔モニターシステムにより、フォークリフトの稼働情報や故障情報、メンテナンス情報の一元管理が可能である。

豊田自動織機は産業車両メーカーとして、環境性能向上と顧客のトータル物流コスト低減の点から、エンジン車、電動車、ハイブリッド車それぞれの商品力向上に取り組む。燃料電池車については、2005年10月にプロトタイプを発表し、以降、高い環境性能と経済性を両立する次世代フォークリフトの実用化を目標に、研究開発を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.