> > シャープの高天井・街路灯向けLEDデバイス、明るさ14,000lmに

シャープの高天井・街路灯向けLEDデバイス、明るさ14,000lmに

記事を保存
シャープの高天井・街路灯向けLEDデバイス、明るさ14,000lmに

シャープは、14,000lmの光束(明るさ)を実現した100Wクラスの照明用LEDデバイス「GW7GAL50SGC」を開発、発売する。3月5日からサンプルを出荷し、5月から量産開始。サンプル価格は9,000円(税込)。月産個数5,000個を目指す。

同デバイスは、熱伝導率の高い材料を基板に採用することで放熱性を高め、従来の50Wクラスの照明用LEDデバイスに比べて、熱抵抗を約1/3に抑えたのが特長。また、投入電力を有効活用することにより光束14,000lmの大光量を実現し、高天井照明や街路灯向けに、輝度ムラの少ない高出力LED照明の製品化に貢献する。

さらに、従来比約1.3倍の143lm/Wの発光効率を実現し省エネ性能を高めるとともに、40,000時間の長寿命によりメンテナンスの負担を軽減。また、配線時のハンダ付けが不要となるコネクタ接続方式を採用し、照明機器の製造プロセスの短縮化・省力化にも貢献する。

現在、高出力が求められる高天井照明や街路灯の多くはメタルハライドランプや水銀灯が光源に採用されているが、LED照明の普及が急速に進む中、今後はLEDデバイスへの切り替えが期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.