> > ファミリーマート、30%省エネを目指す次世代型モデル店を船橋にオープン

ファミリーマート、30%省エネを目指す次世代型モデル店を船橋にオープン

記事を保存
ファミリーマート、30%省エネを目指す次世代型モデル店を船橋にオープン

ファミリーマートは、最新鋭の省エネ設備と災害対応を兼ね備えた次世代型フラッグシップ店舗として、「ファミリーマート船橋金杉店」(千葉県船橋市)を、2月14日7時に開店する。

同店では「環境負荷低減」、「災害時の営業継続」、「新技術の活用」の検証を目的に、ファミリーマート初となる「太陽光発電リチウムイオン蓄電池システム」やコンビニエンス業界初となる「次世代有機EL照明」をイートインのタスクライトに導入するほか、13の最新省エネ設備を店内外に採用した。これらの取り組みにより、同店舗の電気使用量は通常店舗と比較して約30%削減することを目標としている。

同店の主なポイントは以下の通り。「環境負荷低減+災害時対応」として採用した「太陽光発電+リチウムイオン蓄電池システム」では、太陽光で発電した電気の一部を店内照明などに利用する。また、余剰分は蓄電池に貯め、停電時の非常電源として備え、POSレジや照明に供給することで、店舗の営業継続を可能にする。

「環境負荷低減」としては、コンビニエンスストア業界初となる地中熱を空調に利用する「地中熱ヒートポンプ空調」、ファミリーマート初となるCO2冷媒利用システムによるノンフロン化により地球温暖化を抑制する「ノンフロンCO2冷媒-冷蔵冷凍システム」を採用した。

その他、コンビニエンスストア業界初となる新技術として、不要になった際に再利用が可能な100%硬質紙素材を使用したコクヨファニチャー製「硬質紙リサイクル陳列棚」39台を導入した。本陳列棚は、製造時など従来のスチールの商品陳列棚と比べて、CO2排出量を約70%削減することができる。また、イートインコーナー用カウンターとイス(6人用/1セット)に、同社製の高知県「結の森」のFSC認証の間伐材(ヒノキ)を使用した製品を採用した。

ファミリーマート船橋金杉店では有機EL照明がイートインカウンターの手許を照らす - 環境ビジネスオンライン

照明にはイートインのタスクライトとして「次世代有機EL照明」のほか、時間帯や季節で店内照明の明るさと色も可変制御な「調光調色LED照明システム」を導入した。ともに東芝ライテックの製品。有機EL照明は、触れても熱くなく、目に優しい柔らかなあかりが特長。今回製作した照明器具には東芝が独自開発した透過型片面発光パネルを採用し、消灯時は透過して見え、点灯時には店内側だけが発光し、外側からは窓が店内を照らしているかのように見える等、有機ELならではの新しい照明のカタチを提案している。

LED照明器具は、1本の直管形LEDランプで色温度を変化させることができるほか、制御機器と組み合わせることで、時間帯や天候に応じて色温度や明るさを変化させることが可能。また、ランプ単体として120 lm/Wの高効率を実現し、約20%の消費電力削減を実現している。

ファミリーマートでは、これらの設備について検証を重ねた結果、他店にも導入可能な機器に関しては積極的に拡大し、店舗全体の電気使用量削減と共に、社会・生活インフラとしての店舗づくりを目指す計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.