> > NEC、山梨県で家庭用蓄電システムを量産開始 今年後半には年産2万台に

NEC、山梨県で家庭用蓄電システムを量産開始 今年後半には年産2万台に

記事を保存

NECは、NECコンピュータテクノ甲府事業所(山梨県甲府市)にて、2月14日より、電力系統連携型の家庭用蓄電システムの量産を開始すると発表した。量産用のラインを新設し、年産1万台の体制で生産を開始するとともに、今後、生産ラインを1ライン増設し、2013年度下期には、計2ラインで年産2万台に拡大する。

さらに、家庭用蓄電システムに加え、横浜スマートシティプロジェクト向けやイタリア大手電力会社ENEL向けなど、中型・大型の蓄電システム実証機の生産も同事業所で行う。

同社は、蓄電システム、エネルギーマネジメントシステム、EVPHV充電インフラとICTを連携したスマートエネルギー事業を、グローバルに展開する。家庭用蓄電システムについては2012年3月に商品化し、7月よりNEC相模原事業場にて生産、出荷を開始した。なお、リチウムイオン電池用の電極、蓄電システム用の電池セルについては、引き続き、相模原事業場で生産を行う。

現在、NECコンピュータテクノ甲府事業所においては、サーバをはじめとするコンピュータ機器の生産を行っている。今回の同事業所での蓄電システムの量産開始は、サーバなどの生産で培ってきた部品発注・在庫管理などのSCM(サプライチェーンマネジメント)、品質測定設備の利用(電波暗室、恒温槽)など、NECのものづくりのノウハウを結集し、生産革新により高効率な生産ラインを構築した。

今後も、生産ラインの拡大とともに、量産によるコスト低減、効率化を追求し、さらなる生産性向上の実現を目指す。

昨今、節電ニーズの高まりから、電気使用量の削減や、昼間のピーク時の電力使用を抑えるピークシフトの取り組み、太陽光発電の大量導入が進められている。また、これらとともに、災害や停電時にも電力を確保できるライフラインの維持に向けて、電力を貯めて使える蓄電システムのニーズがますます高まっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.