> > 帝人、広島県三原市のナイロン製糸工場跡地にメガソーラーを建設

帝人、広島県三原市のナイロン製糸工場跡地にメガソーラーを建設

記事を保存

帝人は、三原事業所(広島県三原市)の遊休地を活用して、三原市としては初めてとなるメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。3月に着工、7月に発電を開始する予定。投資額は7億円。

メガソーラーの発電能力は1,990kW。建設地は同事業所のナイロン製糸工場跡地(約37,500平方メートル)。年間発電量は、一般家庭約530世帯分の年間使用量に相応する約290万kWh、年間CO2削減量は約910トンを見込む。発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を活用して、全量を中国電力株式会社に売電する。

三原事業所では、主に人工皮革用不織布、タッチパネル基板用導電性フィルム、コンパウンド樹脂、代替フロン、タイヤコード等の産業資材、カーペット用加工糸を製造している。敷地面積は606,837平方メートル。同社は遊休地を活用したメガソーラーの建設を通じて、同事業所の産業競争力を強化するとともに、再生可能エネルギーの普及に貢献する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.