> > ファーストエスコ、大分県の林業遊休地でメガソーラー事業

ファーストエスコ、大分県の林業遊休地でメガソーラー事業

記事を保存
ファーストエスコ、大分県の林業遊休地でメガソーラー事業

ファーストエスコ(東京都中央区)は、100%子会社のソレイユ日田を設立し、大分県日田市小ヶ瀬の林業遊休地において、メガソーラー事業(大規模太陽光発電事業)を開始すると発表した。

事業開始に先立って、2月20日に竣工式が行われた。同社は、メガワット級の太陽光発電所の建設がラッシュともいえる状況にある中、本メガソーラーは、規模の面では極めて平凡な施設だが、林業遊休地の有効活用の一例としての意義があると説明する。

メガソーラーの名称は「ソーラーフィールド日田太陽光発電所」。敷地面積は約4.9ha。定格出力は1,800kW、予想年間発電量は約200万kWh。総モジュール枚数は12,380枚で、パネル一枚当たりの発電能力160W。

日田市は日本有数の林業中心地で、小ヶ瀬の丘も昭和53年に日田郡森林組合所有の原木市場として開拓された。当時は日田産原木の集積地として一時代を画したが、その後国内木材は輸入材に押され、やがて市場も平成10年に閉鎖された。

以降は遊休地となっていたが、木質バイオマス発電所で使用する木質チップの保管場として活用されることになり、平成18年に日田ウッドパワーが稼働を開始した。

小ヶ瀬の丘の移り変わり - 環境ビジネスオンライン

大分県日田市、小ヶ瀬の丘の移り変わり

その後も、さらなる恒久的な土地の活かし方を模索してきたが、平成24年7月に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、太陽光発電所として活用できる新たなチャンスとなった。

この遊休地は小高い丘の上にあることから、アクセスが良いとは言えず、事業用には向かない場所だった。しかし、太陽光発電所用地として見た場合、1つ目は丘の上にあり日照条件に優れていること、2つ目は原木市場として整備された為、完全な舗装が施されていること、3つ目は土地がその他の用途と競合しないこと、の理想的な条件を備えていた。

ソーラーフィールド日田太陽光発電所 - 環境ビジネスオンライン

ソーラーフィールド日田太陽光発電所

同社では、この検討を踏まえて、関係者と協議し、太陽光発電所の建設を進め、今回の竣工に至った。同社では、本メガソーラーは現存する国内の太陽光発電所の中でも、群を抜いて美しい発電所であり、日田市の地域住民にこの発電所を誇りに思ってもらえるよう、維持運営をしていくと語る。

ファーストエスコは、顧客のCO2排出について、現状把握から排出削減計画・実行、成果の検証、そしてCSR利用に至るまで、総合的に管理・改善するソリューションサービス「カーボンマネージメントサービス」を展開する。具体的な事業として、コンサルティング、設備改善(ESCO)、運用改善、新エネ導入などを手がける。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.