> > ファーストエスコ、大分県の林業遊休地でメガソーラー事業

ファーストエスコ、大分県の林業遊休地でメガソーラー事業

 印刷 記事を保存

ファーストエスコ(東京都中央区)は、100%子会社のソレイユ日田を設立し、大分県日田市小ヶ瀬の林業遊休地において、メガソーラー事業(大規模太陽光発電事業)を開始すると発表した。

事業開始に先立って、2月20日に竣工式が行われた。同社は、メガワット級の太陽光発電所の建設がラッシュともいえる状況にある中、本メガソーラーは、規模の面では極めて平凡な施設だが、林業遊休地の有効活用の一例としての意義があると説明する。

メガソーラーの名称は「ソーラーフィールド日田太陽光発電所」。敷地面積は約4.9ha。定格出力は1,800kW、予想年間発電量は約200万kWh。総モジュール枚数は12,380枚で、パネル一枚当たりの発電能力160W。

(※全文:994文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.