> > 2030年エコカー世界市場を予測 HVは5.4倍、日本メーカーが主導権

2030年エコカー世界市場を予測 HVは5.4倍、日本メーカーが主導権

 印刷 記事を保存

総合マーケティング会社の富士経済は、世界のハイブリッド自動車(HV)電気自動車(EV)プラグインハイブリッド自動車(PHV)と関連部品の技術動向、環境規制などインフラの市場を調査し、2030年までの市場予測をまとめた結果を発表した。

調査結果の概要

HVの世界市場は、2012年が160万台(11年比1.8倍)、2030年は863万台(12年比5.4倍)となる見通し。日系メーカーに主導権を握り、それを追う欧米系メーカーは、燃費規制対策のためにHV化を躍起になって推進。2030年にはそれぞれの国の自動車総販売台数において、欧州20.1%、北米18.2%を占めるまでHVのシェアは拡大すると予測する。

PHVの世界市場は、2012年が6万台(11年比6倍)、2030年は194万台(12年比32.3倍)となる見通し。北米需要が市場を牽引する。日本ではEVの市場開拓もインフラの整備も共に遅れ気味で、結局HVに変わる巨大な市場は形成されないと予測する。さらに2025年、2030年頃になれば、世界の市場でEVがかなりのウエイトを占め、PHVは2020年頃までは環境規制対策車として、それ以降は中大型車で一定量に留まるとみている。

EVの世界市場は、2012年が7万台(11年比1.8倍)、2030年は307万台(12年比43.9倍)となる見通し。20年以降、街乗り・セカンドカーにマイクロEVの需要が拡大するとみている。

(※全文:2,467文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.