> > トヨタ、仏グルノーブル市の超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画

トヨタ、仏グルノーブル市の超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、仏グルノーブル市において、フランス電力公社(Électricité de France)などとともに、都市内の近距離移動に適した超小型EV(電気自動車)カーシェアリングの実証実験を開始する。期間は2014年末から3年間。本プロジェクトにおいて、トヨタは電機を動力とする超小型モビリティ(約70台)を提供する。また、ワンウェイ利用(乗り捨て)が可能なカーシェアリングについて、トヨタが開発した情報管理システムを基に、パートナーと連携し管理・運営する。

トヨタ、グルノーブル市、グルノーブル都市圏共同体、シテ・リブ社(Cité lib)、フランス電力公社(Électricité de France)は、超小型EVを使い、最終目的地と公共交通の最寄駅との間の数キロ程度、いわゆるラストマイルの移動ニーズに対応する画期的なカーシェアリングの実証実験を、2014年末より開始することについてMOUを締結したと発表した。

このプロジェクトは、グルノーブル市の「エコシテ」開発の一環として、また、新しい都市モデル構築に関するプログラムを支援する民間投資グループ(le group Caisse des Dépôts)による基金「明日の都市基金」の支援を受けて実施される。

本プロジェクトでは、公共交通や既存のカーシェアリング・サービスと連携することで、ラストマイルの移動ニーズに対応する。これにより、個人の自動車利用を抑えながら、「エコシテ」地区で増加しつつある移動ニーズに対応し、温室効果ガスと大気汚染物質の排出低減を目指す。フランス電力公社グループによってグルノーブル都市圏内に設置される充電ステーションは、ラストマイルの移動の発着拠点となる公共交通の乗降場所や、公共交通が少ない地域に導入される。

本プロジェクトにおける参画者の狙い、役割は以下の通り。

(※全文:1,634文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.