> > 千葉県柏市に国内最大級3.8MWhの蓄電システム 日立、地域EMSの提供開始

千葉県柏市に国内最大級3.8MWhの蓄電システム 日立、地域EMSの提供開始

 印刷 記事を保存

日立製作所は、地域全体のエネルギーを運用・監視・制御するエリアエネルギー管理システムと、その効率的な運用に欠かせない蓄電池システムや電力融通設備、受変電設備などの分散電源関連設備から構成される、都市開発向けのエリアエネルギー管理ソリューションの提供を開始すると発表した。本ソリューションは、三井不動産が開発を手がける「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)に初めて適用される。

同社は、今回、地域全体のエネルギー情報を収集し、一元管理・見える化するとともに、太陽光発電や蓄電池、非常用発電などの設備を地域全体で効率的に運用・監視・制御できるエリアエネルギー管理システムを製品化し、それに分散電源関連設備まで含めた都市開発向けのエリアエネルギー管理ソリューションとして提供する。

(※全文:1,419文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.