> > 住宅用太陽光発電による光熱費収支は年間+64,000円、積水化学のアンケート

住宅用太陽光発電による光熱費収支は年間+64,000円、積水化学のアンケート

記事を保存
住宅用太陽光発電による光熱費収支は年間+64,000円、積水化学のアンケート

積水化学工業は、太陽光発電(PV)搭載住宅に居住する人を対象に、2012年の電気料金、発電量などを調査した結果を発表した。

本調査では、平均PV搭載量は4.78kW(2011年調査、4.64kW)となった。年間5,366kWhを発電し、1,570kWhを自家消費しており、約71%を余剰電力として売電。年間の光熱費収支は買取価格48円の場合、平均6万4,000円のプラスとなっている。なお、買取価格42円の場合では年間光熱費収支の平均は4万1,000円となっている。

<固定価格買取制度48円買い取りのユーザー>

<固定価格買取制度42円買い取りのユーザー>

光熱費ゼロ住宅の比率(全体)は75%で、2012年は電力会社の電力料金が上昇したにもかかわらず、依然として高い水準にあった。2010年の調査では73%、2011年の調査では80%だった。2012年の比率が前年より減少したのは、電力会社からの「買電」価格が上昇したことに加えて、余剰電力の買い取り単価(売電価格)が下がったこと等によるものとみている。

<合計>

ゼロエネルギーハウス(ZEH、購入電力量<余剰電力売電量)率は、2012年は調査対象(957棟)のうち62棟あり6.5%となった。調査対象(1,385棟)のうち28棟で2.0%だった2011年と比べると、ZEH率は上昇した。

本調査は、同社が「太陽光発電(PV)実邸アンケート調査(2012)」として、2011年にセキスイハイムのオール電化&PV搭載住宅に入居された顧客を対象に実施したもの。同社ではPV実邸アンケート調査を毎年行なっているが、2012年調査では、(1)電力価格の上昇とそれに伴う顧客の節電意識の高まり、(2)同社が推進したPVの大容量化などが光熱費にどのような影響をもたらしたのか、(3)同社が推進している光熱費ゼロ住宅がどの程度達成できたのか、に注目した。

同社では1997年からPV搭載を進めてきたが、2012年2月に「ソーラー住宅建設棟数No.1」としてギネス世界記録TMに認定。2012年12月末時点で建設棟数は124,413棟を達成。2013年2月28日付でギネス世界記録TMを更新している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.