> > ミサワホーム、千葉県の物流拠点で同社初のメガソーラーの運転を開始

ミサワホーム、千葉県の物流拠点で同社初のメガソーラーの運転を開始

記事を保存
ミサワホーム、千葉県の物流拠点で同社初のメガソーラーの運転を開始

ミサワホームは、関東物流センター(千葉県野田市)において、3月21日よりメガソーラーの運転を開始した。同センターは、新築施工現場へトラックで部材類を配送する際の物流拠点。

発電出力は約1,000kW、年間発電量は約95万kWh(一般家庭約280世帯分の年間電力消費量に相当)。発電した電力は全量売電することで、売電金額は年間約3,800万円(税込42円/kWhで試算)を見込んでいる。

同社は、資源の有効活用に寄与する事業として、昨年10月以降、関東物流センターのほか沼田工場、福岡工場、ミサワホーム静岡の新社屋においても太陽光発電設備の設置を進めてきた。

今回、関東物流センター屋根面への設置が完了し、同社グループ初の大規模太陽光発電設備の運転開始に至った。今後は残り3拠点についても順次稼動を目指し、グループ拠点以外にも太陽光発電設備の設置を広く提案することで、クリーンエネルギーの確保による低炭素社会の実現に寄与していきたい考えだ。

なお、ゼロ・エミッションは、廃棄物の埋め立ておよび単純焼却を行わず、リサイクル率を100%にすること。同社では2010年に全国の新築施工現場でゼロ・エミッションを達成している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.