> > セキスイハイム購入者の9割が太陽光発電導入を初期段階から検討

セキスイハイム購入者の9割が太陽光発電導入を初期段階から検討

 印刷 記事を保存

積水化学工業 住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所は、2012年度太陽光発電システム(PV)採用者の意識調査の結果を発表した。

この中でPV採用者の46%が「PVを検討初期から採用を決めていた」、45%が「できれば採用したいと思っていた」と答え、検討初期からPV導入を考えていた人の割合が91%と初めて90%を突破した。

一般の住宅建築者でも「採用した」「採用したかったが諦めた」を含めると約7割が採用を検討しており、PVは戸建て住宅購入検討の際に必要な設備になっていることが明らかになった。

(※全文:707文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.