> > 興和、静岡県富士市にメガソーラーを建設、太陽光発電事業に本格参入

興和、静岡県富士市にメガソーラーを建設、太陽光発電事業に本格参入

記事を保存

興和は、静岡県富士市にある富士事業所(工場・研究所)の隣接地にメガソーラー「興和・富士太陽光発電所」を建設し、太陽光発電事業に本格参入すると発表した。本発電所の発電規模は約1.5MWで、8月に稼動する予定。

本発電所の敷地面積は20,583平方メートル。太陽電池のパネル設置枚数は約6,100枚。年間発電予想量は約150万kWh。発電した電力は東京電力に売電する。本発電所は、同市における初めてのメガソーラーとなる。

同社は、「健康と環境」を事業推進テーマに掲げる経営環境の中で、2012年3月に風力発電事業に参入するとともに、風力発電と太陽光発電を組み合わせたハイブリッド型の発電システムの開発・販売を開始した。さらに、再生可能エネルギーを活用したビジネスの拡大について検討を進める中で、このたびの太陽光発電事業を行うことにした。

環境保全・省エネルギーを目指す事業の一環として、静岡県富士市においてメガソーラーの建設・稼動を行っていくが、今後、さらに太陽光発電や風力発電の再生可能エネルギーを利用した事業の拡大を推進していくことで、低炭素社会の実現に貢献していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.