> > コメリ、全国の物流センターの屋根を利用し太陽光発電事業を開始

コメリ、全国の物流センターの屋根を利用し太陽光発電事業を開始

記事を保存

ホームセンターなどのチェーンストアを展開するコメリ(新潟県)は、同社グループが運営する店舗並びに物流センターの施設の屋根を利用して、太陽光発電による売電事業を開始すると発表した。第一弾として、4月より茨城流通センターにて100%の発電出力を開始し、今年9月には高崎、三重、九州の流通センターでも展開する予定。

4センター合計の発電能力は約3,300KW(一般家庭の約900世帯分の消費電力量に相当)。発電された電力は全て売却し、売電で得られた収入は、施設照明のLED切り替えなどへの節電投資に振り向けることを検討している。

同社グループの店舗と物流センターの施設総屋根面積は約1,850,000平方メートル(東京ドーム約40個分)あり、今回は、その屋根面積資源を有効活用し、国の再生可能エネルギー促進政策に資する太陽光発電事業を展開するもの。なお、運営管理は北星産業(コメリの100%子会社)、施工はNTTファシリティーズが手がける。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.