> > 秋田県で市民参加型メガソーラーファンド募集 配当は県産品

秋田県で市民参加型メガソーラーファンド募集 配当は県産品

 印刷 記事を保存

PV-Net市民ファンドサポートセンターは、エナジーイノベーションが秋田県秋田市川辺字大沢地区の農村地帯にて実施するメガソーラー事業「大沢大規模太陽光発電所」(1646kW)をサポートすると発表した。本プロジェクトでは、本メガソーラーの一部に市民出資枠を設け、配当の一部またはすべてを県産品で行うことで、秋田のPRならびに地域経済への貢献をめざす。

市民出資全般については、NPO法人太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)が運営する「市民ファンドサポートセンター」が協力し、出資募集の取り扱いに関しては、第二種金融商品取引業者であるスマートエナジーが行う。

(※全文:905文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.