> > トヨタ、家庭の節電を支援するシステム「H2V eneli」を開発

トヨタ、家庭の節電を支援するシステム「H2V eneli」を開発

記事を保存
トヨタ、家庭の節電を支援するシステム「H2V eneli」を開発

トヨタ自動車とトヨタメディアサービスは、一般家庭において消費電力の監視と、家電の遠隔操作をスマートフォンなどから行える、顧客の節電ライフ支援システム、「H2V eneli(エイチツーブイ・エネリ)」を開発したと発表した。4月27日より、まずはトヨタホームの新商品(近日発表予定)と合わせて販売を開始する。

「H2V eneli」は、専用コントローラを家庭の分電盤の横に追加する簡易な工事で、家とトヨタスマートセンターをつなぐことにより、家全体の消費電力と特定の部屋・家電の消費電力、及び、太陽光発電を有する場合は、その発電量と売電量を、いつでも、どこでもモニタリングできる。また、今回新たに、専用アダプタを設置することで、エアコン、電気錠、床暖房、給湯器(湯はり)の遠隔操作を最大10台まで、スマートフォン、パソコンやタブレット端末から行うことができる。

また、シンプルな操作性を提供すると共に、「節電アドバイス」や、「もうすぐ使いすぎ通知」など、メールによるコミュニケーション機能を充実させた。その他、従来型の「H2V Manager」と同様、顧客がPHVやEV等を保有した際には、充電時間を深夜にシフトできるほか、電力消費が一定値を超えると、充電を一時中断するピークカット制御が可能となる。

今後は、クルマのナビゲーションシステムから、家の電気錠やエアコンの消し忘れ確認、家電の遠隔操作を行うサービスも計画している。また、トヨタホームは、従来のHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)に加え、「H2V eneli」を採用し、幅広い顧客の要望に応えることで、全棟全商品をスマートハウスにすることを目指す。

「H2V eneli」の希望小売価格は131,460円~(税込み・工事費別)。遠隔操作が可能なタイプは162,750円~ (税込み・工事費別)。なお、本システムは、経済産業省の「エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(HEMS導入事業)」の対象であり、「H2V eneli」本体、よび工事費に対して最大10万円まで補助を受けることができる。

また、トヨタは、2013年5月29日~31日に東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan2013」に「H2V eneli」を出展する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.